ニキビ跡消す > ニキビ跡を改善する睡眠方法

ニキビ跡消す-ニキビ跡を改善する睡眠方法

肌の再生する為には質の高い睡眠が不可欠です。肌を再生するメカニズムと密接な関係があり、良質な睡眠によって肌のターンオーバーが正常に整えられます。

なかなか十分な睡眠時間を確保できないという方は尚更、眠りの質を高めることをオススメします。 肌の回復に必要なホルモンを分泌させて、ニキビ跡を改善させましょう。

まず、脳が休んでいる状態であるノンレム睡眠と、筋肉の疲労を回復させるレム睡眠をメリハリを付けて繰り返すことが大切です。 レム睡眠もノンレム睡眠も、それぞれ重要な役割があるので、どちらかを重点的にとるのではなく、両方とも大切にすることが良質な睡眠に繋がります。

肌の再生に必要な成長ホルモンは、睡眠直後の3時間、ノンレム睡眠の間に分泌されます。
ロクシタン L'OCCITANE en provence

お肌のゴールデンタイムという言葉を耳にしたことがある人も多いと思います。 夜0時から夜中の2時の間が最も活発に成長ホルモンが分泌されると言われてきましたが、近年では、就寝後の最初の90分のノンレム睡眠と、90分のレム睡眠の計180分の間に最も成長ホルモンが分泌されるということが判明しました。

睡眠のタイミングよりも眠りについてからの3時間を深く眠ることが大切だということです。 最初の3時間に深く眠る為には、まず食事を就寝の2時間前には終わらせるようにしましょう。 食事の後は血糖値が高くなるので、深い眠りに入りにくいです。

もし、就寝前に食事をとってしまった場合は、軽い運動をして血糖値をできるだけ下げるようにしてください。

そして、就寝する1時間前にお風呂に入って体温を上げましょう。 寝る前には元の体温に戻るようにするのがポイントです。 ぬるめのお風呂に使ってリラックスすると効果的です。

また、眠る前には携帯電話やパソコンの画面を見ないようにしましょう。 液晶画面の強い光によって、睡眠のリズムが崩れてしまうからです。 部屋の照明を暗くして、リラックスできる環境に整えましょう。