ニキビ跡消す > ニキビ予防・改善のための洗顔

ニキビ予防・改善のための洗顔

ニキビの予防には様々な方法がありますが、特に大切なのが洗顔です。 正しい洗顔は、ニキビの予防だけでなく、改善にも欠かせないものなので、自分の洗顔方法が正しいか見直してみましょう。

まずは自分が使っている洗顔料がニキビ対策に有効なものかどうかを確認したほうがいいですね。 洗顔料の種類は非常に多く、どれを選べばいいか迷ってしまう人もいるでしょう。 ニキビケアに効果がある洗顔料を探しているのであれば、ニキビ向けに開発された商品がおすすめです。

洗顔をすることで顔についた汚れだけでなく、皮脂や角質なども取り除くことができます。

正しい洗顔方法についてですが、女性の場合、先にメイクを落としましょう。 ここで注意したいのが、脂性肌の人はオイル系のクレンジング剤はあまり向いていないということです。 普段から顔がべたべたするという脂性肌の人は、オイル以外のクレンジング剤を選んだほうがいいでしょう。

メイクが落とし終わったら洗顔です。 まず、洗顔料をよく泡立てるのがポイントです。

メイクをしていない人は、先に顔をぬるま湯だけで洗う素洗いを済ませておくと毛穴を開くことができます。

泡の弾力がないと毛穴に詰まった汚れが落ちにくくなってしまうので、泡立てネットなどを使って十分に泡立てましょう。 この時、人肌程度のぬるま湯を少しずつ足しながら泡立てるようにするといいですね。

顔を洗う際には、顔の中心から外側にかけて小さな円を描くように洗うのが基本です。 ニキビができていると、たくさん汚れを取ろうと思って強くごしごし洗ってしまう人もいるようですが、これはNGです。

ニキビが悪化する原因にも繋がってしまうので、優しく洗うようにしましょう。 すすぎの際は、ぬるま湯をぱしゃぱしゃ顔にかけるイメージで十分にすすぎます。

あとは清潔な乾いたタオルで肌を優しく抑えるようにして水気を拭き取って完了です。 一日に何度も洗顔をすると必要な皮脂まで洗い流してしまうので、洗顔料を使った洗顔は一日一回までにしておいたほうがいいです。